荻野化成友の会事務局
TEL:046-834-2801 FAX:046-834-2855
friend@tomonokai.oginokasei.co.jp

お家の塗替えはお近くの荻野化成友の会会員にご相談下さい。

「塗替え工事をと考えているんだけど色々と大変そう…」「いくらかかるのか?」「どこに頼めばいいのか?」「満足いく結果で終われるのか?」など、ご心配が多々あるのではと思います。
大切なお住まいの塗替えは、大きなイベントです。心配するより楽しまなければ損です。塗替え工事に当たって重要視するべきなのは以下の3つの条件です。
  1. 施主様の希望をしっかりと確認する事⇒工事に関して予め予算やこだわりなどの希望をしっかり確認する事。塗替え工事の適正価格とは施主様の予算と見積り所に反映される工事内容とのバランスがとれている価格の事です。
  2. 選択や提案に根拠があり、説明が理路整然としている事⇒しっかりとした調査、あるいは調査を伴う見積りを行い、問題点が明確である事。またその対応策が明確である事は、納得の上での信頼関係を施主様から頂くためには必要不可欠な事です。
  3. 終始「生活者の立場」に立って考える事⇒工事を行うに際して一番大切なのは、工事中のご家族の生活とご近所関係です。どんないい工事を行っても工事中大変な我慢を強いられたり、ご近所と無用の軋轢が生じてしまう様では、せっかくの塗替えが台無しです。重要なのは「生活者の立場」での報告・連絡・相談を欠かさない事です。

荻野化成友の会会員リストはこちらです
塗り替えについての PDF もご覧ください。
大切な我が家を塗り替える!Q&A

Q:なぜ塗替えが必要なのですか?

建物は常に外部からの劣化要因に晒されています。ふだん紫外線や雨水等の劣化要因から建物を守っている塗膜も年月が経てば劣化していきます。塗料の役割は「保護」「美粧」「機能」の3つですが、塗膜の劣化によってその3つの役割を満たすための性能が徐々に失われていきます。更に放置すれば劣化は建物を造り上げている基材にまで及びますが、そうなると補修のためのコストが膨らんでしまいます。そうならないための予防的措置として、タイムリーな塗替えが必要なのです。 A:

Q:戸建住宅の壁や屋根にはどんな種類がありますか?

ご自宅の壁や屋根が「何で」出来ているのか知らなくても生活には何の支障もありませんが、塗替えを検討される際には知っておいて損はない筈です。
壁面が明らかにコンクリートや木材と判る建物以外では、壁はモルタルかサイディングボード(窯業系や金属系など)が殆どですが、どちらも塗料で仕上げられています。
屋根に関しては多くは薄型の化粧スレートか、各種の瓦または金属系の屋根材で仕上げられています。表面に塗装がされているもの、無塗装のものがあり、材質によっては塗装不能なものもありますので、施工前に確認が必要です。のちほど改めて触れますが、これら「基材」の種類と状態の判別は、塗替え工事のコストおよび品質を左右する大切なポイントになります。
A:

Q:「サイディングボード」って塗替えの必要はあるのですか?

現在ではハウジングメーカー主導で住宅の長寿命化が図られ、期待耐用年数が大幅に長い商品も登場していますが、ごく最近の話しです。従来のサイディングボードでは定期的なメンテナンスは欠かせません。各種サイディングボードの表面が各種塗料で保護されている以上、塗替えの必要があります。またボードのつなぎ目にはシーリング材が施工されていますが、これも年々痩せていくためメンテナンスが必要です。あまり放置しておくとサイディングボードが反ってしまい、予期せぬ大幅出費になってしまいます。 A:

Q:時間があるので自分で外壁・屋根の塗装をしたいのですが…。

お仕事を定年退職された方から、ごく稀にこういう相談を頂きますが、いつも「お止めになった方がいいです。」と答えています。理由はいくつかあります。まず誰でも思い浮かぶのが安全面です。戸建住宅塗替えにはしっかりとした足場が必要です。専門業者に頼んで足場をかけてもらわなければ、2階部分や屋根の塗装は出来ません。平屋だったとしても、最上部は3M以上の高さになります。その怖さは一度でも梯子で屋根に登った事がある方ならご存知だと思いますが、塗装どころではありません。地面から手が届く範囲ならいざ知らず、梯子や脚立で高所塗装にチャレンジするのは大変危険な行為です。万一転落でもすれば命を失うか、運が良くても重傷ですから、周囲の方に多大な迷惑をかける事になります。それともう一つ、皆さんが考えておられる以上に「塗装」は難しい作業です。様々な天気、条件を克服して、しっかり仕事が出来るのは本当のプロだけです。命がけで塗ってみたものの、あちこちはみ出していたり、半年位で?れたり膨れたり…、そうなる可能性が高いのです。ご自身での外壁・屋根の塗替え作業は苦労の割には得られるものが少ない行為です。絶対にお止め頂いた方がいいです。 A:

Q:塗替え工事を検討しようと思います。まず何から取り掛かればいいでしょうか?

まず情報の収集から始めるのが一般的ですが、意欲的に収集すればするほど疑問が増えてしまうと思います。皆さんが主として情報集めに使うであろうネットからはかなり大量の情報が得られますが、どこも同じようにしっかりした施工を謳っており、ただでさえ興味がないのに様々な材料・樹脂名が出て来て、さらに価格には大きな開きがあったりします。なかなか整理がつかないのではないでしょうか?
それでも整理すると一般的な外壁・屋根塗装の場合、いくつかの点が明確になってきます。以下にまとめてみます。
  1. 塗替えに使う塗料はフッ素が一番いいらしいが、主流はシリコンだ。
  2. 見積り、調査は基本的に無料。
  3. 同じ面積でも価格は50万円から150万超までバラバラだが、普通の家で70万から100万位が多い。
  4. 工期は10日から2週間位が標準の様だ。
  5. 塗装専門店以外でも、リフォーム会社、DIY店舗、工務店などでも工事してくれる。
  6. 年数を決めて保証してくれるところもある。
  7. 知っている会社名はまず無い。

こんな感じだと思います。その上「悪徳業者に騙されないために云々」などの語句があちこちで見られるため、見積り・調査を依頼するにも及び腰になってしまいます。
そこで「混乱するだけの情報収集はしない!」と一度開き直って、まず塗替えのためのイメージを上記を参考にご自身で固めて下さい。具体的には以下のイメージを固めて下さい。
  1. 大切な我が家の塗替え!予算は○○万円から○○万円の間でやろう!
  2. 今回塗替えたら、次回の塗替えは○○年後にしたい!
  3. せっかく塗替えるのだから、こういう色にしたい。
    あるいは塗装以外でもここに手をいれたい!
  4. 塗替え後、我が家に残る塗膜の性能で、一番重視するのは○○だ!
    ⇒例:いつまでもキレイに! とにかく長もち! 夏は少しでも涼しく!…など
ポイントは工事が完了した大切な我が家とそこに暮らす自分たちを想い描く事です。
実は情報にとらわれず軸になるものを決めて初めて、情報の整理が進むのです。
さてここからが本当の塗替え工事検討のスタートになります。
A:

Q:どこに調査や見積りを依頼すればいいのかが分からない。

具体的に塗替えのイメージが固まっても、大半の方は知っている業者さんなど居ませんから次にこの問題に直面します。参考になるか分かりませんが、依頼先として挙げ られる業者さんの特徴を整理してみます。大体以下のタイプに分類されます。(*あくまで私見であり、一部例外もあるという点は予めご了承下さい。) A:

Q:どこに調査や見積りを依頼すればいいのかが分からない。

具体的に塗替えのイメージが固まっても、大半の方は知っている業者さんなど居ませんから次にこの問題に直面します。参考になるか分かりませんが、依頼先として挙げ られる業者さんの特徴を整理してみます。大体以下のタイプに分類されます。(*あくまで私見であり、一部例外もあるという点は予めご了承下さい。)
  1. 大手ハウジングメーカー・リフォーム部門
    ⇒ブランドイメージ・信頼関係を重視するので一般的に品質は高い。
    その分、価格も高めだが、保証もしっかりしているので「安心を買う」という方には良いのではないでしょうか。
  2. リフォーム業・工務店
    ⇒塗替えは数ある工事の中の一つという扱い。とは言え、高い専門性を持っている会社もあります。塗替え以外でも様々な要望に対応してくれる筈です。
    塗替えに関しての価格帯は中~高。
  3. 関連業種・異業種
    ⇒「へぇ、こんなところでも塗装工事ってやるんだ。」というところ。
    専門性はあまり高くなくて、施工も一般的に下請けが一式で請け負う形態です。 
    価格帯はやや低~中が多い。
  4. 塗装専門業
    ⇒戸建塗替えメインの塗装会社でも規模、営業形態、年間の工事件数も様々。   これに加えて知識・技量も様々です。肝心なのは上記①から③のどこに頼んでも実際に工事を行うのは大体ここだという事。価格帯は低から高まで多岐にわたります。情報発信も積極的にしていたり、全くしていなかったり…。あらゆる点で多種多様です。
では、調査、見積りを依頼するならどこがいいのでしょうか?「もちろん塗装専門業ですね。」…と言いたいのですが、軽々には断定できません。「いい業者さん」の条件というのは上記の様な単純な区分とは全く関係なく、施主側のニーズに関係するからです。そう言ってしまうと身も蓋もありませんので、契約や保証などの書類関係が整備されているとか現場マナーがしっかりしている等の、今や既に「当り前」でなければならない事以外で、私が思っている「いい業者さん」の条件は下記の通りです。
  1. こちらの希望をしっかりと確認してくれる事
    ⇒工事に関して予め予算やこだわりなどの希望をしっかり確認してくれる。何でもかんでも「高いけどこの商品が一番!」というのは厳密に言えばありえません。塗替え工事の適正価格とは施主の予算と現状必要な費用とのバランスがとれている価格の事です。
  2. 選択や提案に根拠があり、説明が理路整然としている事
    ⇒しっかりとした調査、あるいは調査を伴う見積りをしてくれて、問題点が明確である事。またその対応策が明確である事。こういう業者さんは言われなくても プロの目で見て、必要だと思う事は提案してくれる筈です。実は材料知識や現場経験が豊富でなければ、しっかりした説明、提案は出来ないのです。
  3. 終始「生活者の立場」に立って考えてくれる事
    ⇒工事を行うに際して一番大切なのは、工事中の家族の生活とご近所関係です。 どんないい工事を行っても工事中大変な我慢を強いられたり、ご近所と無用の軋轢が生じてしまう様では、折角の塗替えが台無しです。いい業者さんは「生活者の立場」に立って報告・連絡・相談をしてくれます。実際、工事中は少々不自由なのは事実ですが、いい業者さんはその不自由さを感じさせないかも知れません。
問題はこういう業者さんを見つける方法ですが、確実な方法はたくさんの見積り依頼をかけて、調査や見積り時の対応で判断する他ありません。しかし、こう書いてしまうと  今まで延々と何を書きなぐってきたのかという事になってしまいますので、そんな中でも業者さん選定の参考になる特徴・方法を、例によって私見になりますが、以下にいくつか挙げてみます。
  1. 地元にある塗装店、塗装会社
    ⇒地元で永く商売してきたという事はその地区で実績を積み重ねて来たという事です。こういう塗装屋さんは地元で下手を打つのを一番嫌います。無理に保証書を出さなくても、そこに店舗・事務所がある事が保証書代わりという形態が根付いています。もし時間があれば散歩がてら事務所なり店舗なりを見に行って下さい。その周辺がきれいに整理整頓されていたら電話してみる価値はあります。 このあたりがしっかりしているお店は大抵いい仕事をしてくれます。加えて比較的若い2代目、3代目がいるとかなり有望です。こういう人たちは幼い頃から  先代の仕事を見て育っており、かつ今の塗装専門業に何が必要かを経験から感じ取り、自主的に学んでいる人が多いのです。このため材料に明るく、経営者自身が塗装技能検定の指導員を兼ねていたり、当然自社職人に技能検定の有資格者がいたりします。
  2. よその塗替え工事に注目してみる。
    塗替えを考え始めると同時にご近所で塗替え工事がある様でしたら注目してみて下さい。どの位の日数かかっているか、現場での職人さん同士のやりとりはどんな感じか、管理責任者が足しげく現場に通い具体的な指示をしているか等です。足場に自社の宣伝を掛けていたり、持ち帰れるパンフレットなどを用意してある現場もありますので、あとでネットなどで確認するのもいいでしょう。
  3. 関連団体、関連業種に問い合わせてみる。
    塗装社店というのは工事の必要を認めなければ縁の無いところなので、全く情報 をお持ちでないでしょうが、塗装の業界にも団体があるので、業者選びに困った ら利用して頂くのもいいかと思います。皆様がお住まいの地元に県塗装協会の支部がある他、日本塗装工業会(日本塗料工業会ではないので注意!)の県支部があり、それぞれの事務所に相談する事が出来ます。また関連業種としては塗料卸売業なども情報を持っています。何百社という業者さんと取引きがありますので、しっかりした良い業者さんを当然知っています。
大変長くなってしまいましたがご容赦頂きたいです。実は塗替え工事が上手くいくか、納得して終れるかは、この業者選定が全てだからです。しっかりした業者さんに巡り会えれば、何もご自身で塗装や塗料についての知識を詰め込む必要は無くなります。その分  塗替え工事をイベントとして楽しんで下さればいいという事になります。
A:

Q:塗装の価格ってどうやって決まっているのですか?

塗替工事の見積書を見ると単位が「箇所」「m」「㎡」などとなっている筈です。
例えば外壁なら「単価(㎡あたり)」の欄に「2,500円」と入っていて、工事対象面積が「100㎡」なので「250,000円」という具合です。ご質問はこの「2,500円」という塗装単価がどの様に決まっているのか?適正なのか知る方法はないか?という事ではないかと思います。まず「1㎡あたり○○円」という価格がどの様に成り立っているかというと、「1㎡を塗るための工賃+1㎡塗るための塗料代+工具や道具の損料」という構成となっています。人件費から割り出して1㎡あたりいくらかかるか?材料代はいくらになるのか?を基準として決まっています。
A:

Q: 使用商品の説明の中に「水性塗料」と「弱溶剤塗料」というのが出て来ます。
それぞれどんなものか教えて欲しいです。

現在の戸建住宅改修工事に使用されるのはご質問の「水性塗料」と「弱溶剤塗料」が主流です。塗料は塗料内の樹脂の系統により「ウレタン系」とか「シリコン系」とか呼ばれますが、その樹脂が溶けているのが水なのか塗料用シンナー(ホームセンターのペイントうすめ液と同じ)なのかで「水性」あるいは「弱溶剤形」と呼ばれます。
(ちなみに「弱」が付かない「溶剤形塗料」というとラッカーシンナーに代表される様な臭いもきつく、目にも染みる様なシンナーで構成されている塗料です。)
では「水性」「弱溶剤形」どちらがいいの?という問いには答えが見つかりません。  外壁を例にとると塗膜の耐久性の指標となる「期待耐用年数」は樹脂系統が同じなら「水性」「弱溶剤形」とも優劣がありません。ただし鉄部に関しては「水=錆」というイメージ、刷毛塗りした時の仕上がりの問題などで「弱溶剤」を使う塗装屋さんが多いです。
A: